立春を過ぎたとはいえ、寒い日が続いています
今日は雪の降りしきる一日となりました。

DSC_2404

あちらこちらで聞こえてくるインフルとかフルフルとか・・・(笑)

今日は、風邪にも負けず・・・雪にも負けず・・・
元気に集まってくれた子ども達を中心に、午前中のみの開催となりました。

迎えてくれたのはお床のお軸・・・皆さん読めますか??

DSC_2442

「春光日々新」
(しゅんこうひびあらたなり)と読みます。
~春の景色は日を追って変化し、毎日毎日が新しい~

今まで「寒い寒い」と縮こまっていましたが、暦の上では”春”!
自然は日々新たに変化をしています。
そう言われてみれば・・・
日没がどんどん遅くなっていますよネ。
(子供たちも帰宅時間が徐々に明るくなってきていることを実感していました♪)

自然は、何も言わなくとも、ちゃんと春を迎える準備をしています。
芽吹きの季節に思いを馳せて・・・
私たちも毎日を新鮮な気持ちで過ごしていきたいものですね♪

DSC_2397

と言うことで、今日のお稽古は袱紗捌きの割り稽古から。


DSC_2378
DSC_2381
前回のお披露目茶会では、みなさん真剣に心を込めてお点前の披露をしましたが(お疲れ様です♪)
今後は一つ一つの動作をシッカリと磨いていき、より完成度の高い作法を身に着けて行きたいと思います!

DSC_2385
DSC_2391
DSC_2393

女の子は朱色、男の子は紫色。
これが袱紗(ふくさ)で、袱紗の扱いを”ふくささばき”と呼びます。

DSC_2406

袱紗でお道具を清め(拭いてピカピカにします)て行きますが、こうすることで、相手への真心を表現して行きます。
DSC_2409

お箸の使い方やいただく順番なんかも、教わりました。
お茶菓子をいただくにも、作法があるんですよ!

DSC_2412
DSC_2414

真剣にお点前に取り組んでくれるお友達。

DSC_2419

お茶菓子はもちろん美味しい!
心を込めて点ててくれたお抹茶は、もっと美味しい!
DSC_2428

「思いやり」が凝縮された茶の湯。
なんてのどかな春のひとときなのでしょう💛

DSC_2431
DSC_2401

水仙をあしらったお菓子。
和のココロがくすぐられます♪

DSC_2446

文化庁が推進する「伝統文化親子教室事業」としてのお稽古は今春再開の予定です!
通常のお稽古は毎月実施していますので、少しでも興味のある方はお気軽にお越しください!
詳細は「お知らせ」をご覧ください!お待ちしております!!